10年たっても気になる存在

時間ピッタリにサロンに着くと インターホンも無いし看板も無い

どこから入ったら良いのか分からずキョロキョロ(実はインターホンも看板もあったかもしれないけど(笑)私には見付けられず)

そこへチハルさんがそっと近付いて来て窓を開けてくれました

実に10年ぶりくらいの再会。

そう、実はだいぶ前にも1度私はチハルさんにお会いした事があるんです。

その時は、とあるタイ古式の合宿でチハルさんが担当していたワークショップに私は参加して居ました

そのワークショップでチハルさんの価値観をシェアして頂いてから 私の中でずっと気になる存在で居ました

リトリートスペースには日の光が入ってサンキャッチャーがキラキラと輝いていました

チハルさんもその綺麗なキラキラした光を私と共有できた事が嬉しいと言ってにこにこされて居ました。

続く。

ただ静かに時が流れていく